部分矯正が必要なケース|矯正歯科で部分矯正や口元が美しくなる矯正が受けられる

保険が適用される可能性

矯正歯科は基本的に、自費診療になるので高い治療費を支払う必要がありますが、先天性疾患によりただちに治療が必要になった場合のみ保険内で治すことが可能となります。

部分矯正の気になる長所

治療負担が格段に減る

全体の治療に比べて、好きな場所を部分矯正にするやり方は、装置を付ける箇所が少なくなるので歯にかかるストレスが少なくて済みます。手入れもラクなので、口腔トラブルとはほぼ無縁です。

期間が短い

とにかく治療費が安い点は患者にとって非常に助かる部分でしょう。前歯のみなら装置代は10万円以内ですし、トータルで見ても30万円いくかいかないかくらいです。

簡単に整えられる

歯を動かすためのスペースを少し作ってあげることで、歯並びを簡単に動かせるのは部分矯正の得意技でしょう。期間も最短で2.3か月と短く、例え治療期間が長引いても一年ちょいです。部分矯正に精通する矯正歯科医院であれば、お手の物でしょう。

部分矯正が必要なケース

婦人

前歯のすきっ歯

全体のかみ合わせに問題がなくても、前歯に隙間があればビジュアル的にもよくありませんし、隙間から空気が漏れる音が気になるという人もいますから部分矯正の対象でしょう。

食べかすが挟まる

歯に隙間があると、食べ物がそこに詰まってしまい口の中の清潔感が奪われてしまいます。口臭の原因にもなりますから、部分矯正で隙間を埋めて、様々なリスクを遠ざけましょう。

イベントが迫っている時

生活に支障はないけど、笑った時に前歯の凸凹が気になるという場合にもスピーディーに治療ができる部分矯正が最適でしょう。また、経済的に不安定な場合も、気になる箇所だけ一応治しておくことができるので様々なシーンで応用がききます。

広告募集中